« 2023年7月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年11月

2023/11/23

テオ・ヤンセン 展

千葉県立美術館で『テオ・ヤンセン 展』を観てきました。2024年1月21日まで開催。

なんでも千葉県誕生150周年記念でオランダとの文化交流の一環だそうです。

動くアート作品と聞いて、見るまでは想像できませんでした。

実際の作品を見て、しかも動くところを見てビックリ‼︎

しかも自分で触って動かせる作品もあり驚きと楽しさと♪

美術品は大体が神経を研ぎ澄まして見る感じなのですが、この度はワクワクとなんか楽しかったです♪

この作品たちは、オランダの砂浜を動いてたものだそうで、動いてるところを見るとまるで生き物のような感じです。

 

テオ・ヤンセンはオランダのリゾート地 スフェベニンゲンに生まれデルフト工科大学で物理学を専攻し、のちに風景画化になり、その後に動く立体作品を制作するようになったそうです。

彼の母国オランダは国土の半分が海抜が1メートル未満だそうで、海面上昇問題への解決を目指して風力で動くこれらの作品ストランド(砂)ビースト(生物)を制作するようになったそうです。現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称されてるそうです。(県立美術館パンフレットより要約)

たしかに風が動力源なら環境にも負荷をかけないですし。

 

オランダというと、江戸時代には大海原を航海する海洋国家の帆船のイメージもあるので、

作品の帆がそれに重なる感じがします。

作品はチューブとかペットボトルなどのごく軽い素材でできているそうで、それでも風で倒れないように、作品自らハンマーを砂に打ち込むこともできるそう!

ヤンセン氏は設計図は頭の中にあるそうで、設計図は書かないそうです!(°_°)

 

ストランドビーストの一つをカッコいいお兄さんが実際に動かして見せてくれました。

それは空気を送り、圧縮空気で動くようでした。

動画に慣れていないので、動くところはうまくアップできません。( ;  ;

20231122-135817 20231122-141231 20231122-141433

20231122-14250520231122-143216 20231122-142518
20231122-142553 20231122-144952 20231122-145837

 

 

続きを読む "テオ・ヤンセン 展" »

« 2023年7月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ