« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 即位の礼の高御座 »

2020/01/14

ニューイヤーコンサート2020

 

1月11日に千葉交響楽団によるニューイヤーコンサート2020を聴いてきました。
毎年TVではウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見てるのですが、やはり生楽器によるコンサートは格別です♪
指揮者  山下一史
演奏   千葉交響楽団
ソプラノ 市原愛
【プログラム】
第1部
スッペ          喜歌劇「軽騎兵」序曲
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・フランセーズ「花祭り」作品111
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・シュネル「百発百中」作品326
ヨハン・シュトラウスⅡ  ワルツ「春の声」作品410
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・フランセーズ「陽気なポルカ」作品301
ローザス         ワルツ「波涛を超えて」
第2部
フチーク         剣士の入場 作品68
ヨーゼフ・シュトラウス  カドリーユ「体操選手」作品92
ヨーゼフ・シュトラウス  ポルカ・シュネル「障害物競走」作品43
グノー          歌劇「ファウスト」より 宝石の歌
レハール         喜歌劇「メリー・ウィドゥ」より ヴィリアの歌
ヨハン・シュトラウスⅡ  喜歌劇「ジプシー男爵」より 入場行進曲
ヨハン・シュトラウスⅡ  ワルツ「美しく青きドナウ」作品314
指揮者の山下氏は1曲ごとに丁寧に色々説明してくださいました。
まず冒頭、昨年の千葉での台風被害に「心よりお見舞い申し上げます」とおっしゃいました。
あの台風で、定期演奏会も今年2月7日に順延されたのです。
前半は軽快な曲で後半は運動系の曲でした!
今年は東京オリンピックの年なので、運動系の音楽だったのかと思いました。
ソプラノの市原愛さんの歌は素晴らしかったです!
メリー・ウィドゥ“ヴィリアの歌”では彼女が歌い紡ぎ出す物語にすっかり引き込まれてしまいました。
前半は赤いビビッドなドレスで、後半は純白の豪華なドレスで登場されました♪
最後はかの有名な“美しく青きドナウ”で優雅に終わり。
アンコールになんと『千葉ロッテのテーマソング』が演奏されなんとビックリ!
マリーンズの皆さん、演奏されましたよ~!(^_^)/
今年は超大型新人の佐々木朗希投手が入団して、期待値マックスです!
と、ちょっと脱線してしまいました。。。(^^;)
最後はお馴染みの「ラデッキー行進曲」で観客一同手拍子でした♪
オーケストラ楽団員が一体となり暖かい雰囲気が感じられる演奏会でした。
Kimg2492_25 Kimg2469_25

 

今回は欲張ってかなり前のほうの席を選んでしまい、ちょっと失敗でした。

音が頭上から降ってくる感じです。(笑)
コンサート前にロビーでの短い演奏会でモーツアルトも聴きました。(^^)b
そしてコンサート前のお約束のケーキが普通に美味しくなっていたのです~♪

 

« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 即位の礼の高御座 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コデマリさん、こんばんは~☆
シュトラウスの名前が並ぶとやっぱりニューイヤーコンサートっていう雰囲気ですね(^▽^)/
下記のフラワーフェスティバルも、このコンサートもお正月らしく華やかな感じがします。
私は今月は思いの外、落語会の予定が続いているので、
行きたいコンサートもあるのですけど、なかなか思うに任せません。
やっぱり生演奏に勝るものはありませんよねぇ。

>にこさん

見てくださってありがとう~♪
ニューイヤーコンサートを聴くとお正月という気分になります♪
昨年は聞き損なったので、今年こそと意気込んでおりました。(笑)
新年には同じく落語会も多いようですね。(^_-)
2~3月になると花粉の季節で、コンサートは控えてしまうので1月がヤマかも~。(^^;)
お花の祭典とコンサートと今月は新春気分です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 即位の礼の高御座 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ