« ドラッカー・コレクション | トップページ | コスモス♪ »

ルーシー・リー 展

過日に千葉市美術館で【ルーシー・リー 展】を観てきました。8/30まで
ルーシー・リー(1902~1995年)はウィーン生まれの陶芸家で、ウィーン工芸美術学校で学びました。
第二次大戦でイギリスに亡命し、以後病に倒れる1990年までロンドンで製作を続けたそうです。(千葉市美術館パンフレットより)

作品は繊細かつ上品で色合いが美しい器でした。
日本の陶芸は重厚なイメージがありますが(そうでないのもありますが)、彼女の作品は地が薄く見えて、まるで磁器のように薄く滑らかな作品が多いように感じました。
形も滑らかで柔らかい感じがしました。
ピンクとブルーの色合いがとても綺麗でした。ピンクといっても柔らかい感じのピンクに魅せられました♪
戦時中は洋服のボタンの製作までしたそうで、そのボタンですが、まるでアート感あふれるアクセサリーのようでした。
ネックレスのペンダントヘッドにしたいくらいお洒落なボタンの数々!

コーヒーカップもありました。
うぅ~、欲しい!
でも高価なんだろうなと…。^m^
でもどの器も実生活に使われた形跡が見えないので、やはり芸術作品として飾られていたのでしょうか。

Img_9006_27s

出口にルーシーと一緒に写真を撮れるようにセットが用意されてました!(*^^)v
粋なはからい♪
コーヒーにケーキのセットをいただきたかったのですが、夕方行ったので上階のレストランは終わっており残念でした。
上のレストランはしばらく行ってないわ~。

15_08lucie2

« ドラッカー・コレクション | トップページ | コスモス♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コデマリさん、こんばんは
9月に入ったばかりですが、妙に涼しいですね。
遅ればせですが、ブログを拝見しました。
私、特に買うあてがなくてもデパートの食器売り場をほっつき歩くのがとても好きです。
美術館に並んでいるものは手に取ることが出来ないのが残念やけど、薄くて軽くて繊細な器も、どっしりと土の重みを感じる器も素敵やと思います。
千葉市美術館は夜遅くまで開館したはるんでしょうか?
ケーキが召し上がれず、私も見せて頂けずに残念でした。

>にこさん

見てくださってありがとう!(^^)
私もデパートの食器売り場を見て歩くのは好きです。
同好の友がいてなんだか嬉しい~♪
日常のちょっとした潤いお求めてというか…。^^;

この千葉市美術館は週末は夜8時まで開館してるようです。
休館日は一月に1回のようで月曜日もやってるようです。
でも、上階のレストランが5時までなので、
最近は行かれません。
まあ近くか駅の店でケーキを食べればいいのですが。^m^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラッカー・コレクション | トップページ | コスモス♪ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ(管理人より)

  • 09/10/6
    スパムが横行していますのでコメントは確認してから公開になります。 よろしくご了承ください。m(__)m
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。

rose

  • Img_3235_30
    我が家のバラのアルバムです。

flower

  • Img_4335_30
    我が家で写した、気に入ったお花の写真です
無料ブログはココログ