« 伊勢志摩へ 4 | トップページ | 本年もよろしくお願いします »

2009/12/14

千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル

昨日の日曜日に千葉県文化会館に【千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル】を聴いてきました。
地元で千住さんのリサイタルを聴くことができて嬉しかったです♪
クリスマスがもうじきということもあって、クリスマス関連の曲目も入っていました。
千住さんのドレスもクリスマスにちなんででしょうか、グリーンのドレスにチラリと見えた銀色のヒールが光っていました♪(^^)

ピアノの伴奏は藤井一興さんという方でした。
曲目の紹介とエピソードなどを織り交ぜて千住さん自身が紹介を下さり、時折会場から笑いも起こる温かいコンサートでした。
ヴァイオリンがが始まると、俗事から離されて素晴らしい音の世界へと誘われます。
時々奏者と一対一で聴いてるような錯覚にも襲われて、そういうのが演奏者としての真骨頂なのでしょうね~。

曲目は 第一部

主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
ラルゴ(ヘンデル)
シャコンヌ(ヴィターリ)
ヴァイオリンソナタ第8番ト長調(ベートーヴェン)

第二部

泣き王女のためのパヴァーヌ(ラベル)
月の光(ドッビシー)
夜想曲 第20番 遺作(ショパン)
スラブ舞曲 第2番(ドヴォルザーク)
黒い瞳(ロシア民謡)
ラストナイト(千住明)
エストレリータ ~小さき星に~(ポンセ)
ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)

印象に残ったのは、シャコンヌ(ヴィターリ)の曲でした。
なんとも言えぬ不安に満ちたようなイメージの曲は、昨今の世界の不安定な時代にマッチしているように感じられた曲でした。
ラストナイトは千住さんのお兄さま作曲だそうで、ご祖父さまが亡くなられた時に書かれたそうです。
でも暗い曲でなくて、千住さんがおっしゃるようにほんのりと明るさが感じられて、楽しかったご祖父さまとの思い出を回想しているように感じられました。
プライベートな曲なので、今までは観客の前で弾いたことがなかったそうです。悲しいことに遭遇した方に聴いていただきたいということで、演奏してくださいました。

あとはベートーヴェンのヴァイオリンソナタは、軽やかな曲で、重厚な曲のイメージがあるベートーベンにしては意外な感じの曲でした。
ショパンの遺作は、思わず涙がこぼれそうになる悲しいような曲で、千住さんもお好きな曲で、大切に弾いていると言われていました。

第2部は誰でも耳にしたことがある馴染みのある曲の構成となっていました。
師走でいろいろとやる事が増えて気忙しくて、疲れていた心身がこの音楽で疲れがとれたようで元気をもらえました♪
ちょっとした元気になる源のクリスマスプレゼントをもらったようなコンサートでした♪
前に千住さんのコンサートに来た時はCDにサインをいただいたのですが、この日は夕方に人が来ることになっていたのでCDのみ買って大急ぎで帰りました。
館内にはサインをもらおうと長い行列ができていました!

Img_5103_25s

ドルチェを買おうと思ったのですが、売り切れでした。

最後のツィゴイネルワイゼンは小さな音を出すために、何か小さな器具をヴァイオリンに付けるのだそうですが、途中でそれを外すのに、間がないために床に落とすのだそうです。
それを見た前列付近の観客が「何か落としたよ」と囁くのだそうですが、「曲の途中で時間がないためにそうするのでご心配なきようにと…」と前もって、笑って言われました。
私も注意をして見ていたら、本当に小さな器具を床に落としました!(^o^)

いつもの例に漏れずに、間際に切符を予約したので、また後ろのほうの席でした。
見ると予約でうまっていたはずの席がところどころ空いているのを見つけました。
第1部が終わってから、誰も来ないことを確かめて、ちゃっかり前のほうの席に移動してしまいました~。(^^ゞ

« 伊勢志摩へ 4 | トップページ | 本年もよろしくお願いします »

音楽」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

クラッシックの音楽って心が洗われますよね
12月には入ると彼方此方でクリスマスコンサートが催されますね
ババの店に来られるお客様はご夫婦で(バイオリンとビオラ)弦楽器をなさっているのですがコンサートに誘われています
24日なのですが店が…休んでしまおうかな~~怒られそうでも行きたいですぅー

>やっこさん

来週はクリスマスなので、あちこちでクリスマスコンサートも催されているようです。
お店に来られるお客様がなんとヴァイオリンとビオラの演奏者だそうで、
きっとそのコンサートは素敵な演奏なことでしょう!
行きたい、行かれない、行きたいと、葛藤しそうですね~。^_^;
きっと素晴らしい演奏なんでしょうね~♪

お久しぶりに伺いましたら、名古屋や伊勢にいらしてたんですね。私は九州へ行ってきました。旅も、勿論、コンサートも良いですねえ。

>山口ももりさん

こちらこそすっかりご無沙汰しております。m(__)m
ももりさんは、九州でしたか!?
九州は行ったことがなく、機会があれば行ってみたいところです。
コンサートは心を豊かに満たしてくれる栄養のようなものでしょうか…
多分これが今年の最後のコンサート行きになりそうです。(^_^;)

こんばんは
千住さんのヴァイオリンはちゃんと聴いた事がありませんが、確かあの有名なヴァイオリンを使ってはるんでしたよね!?
クリスマスの時期にコンサートに行ったことがありませんが、クリスマス曲を弾いて頂くと何だか気分が出そうです♪

>にこさん

にこさん、ご存じのようですね。
そうです。かの有名なストラディヴァリウスをお弾きです!
とても豊かな音で、重厚で繊細なヴァイオリンの音色でした♪
クリスマスにちなんだ曲も時期的にクリスマス気分が盛り上がりました♪
とっても素敵な千住さんのコンサートでしたよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢志摩へ 4 | トップページ | 本年もよろしくお願いします »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ