« SLを見ました | トップページ | 世界らん展日本大賞2009 第二章 »

2009/02/25

世界らん展日本大賞2009 第一章

先日に【世界らん展日本大賞2009】を見に東京ドームに行ってきました。
例年どうり相変わらず、ものすごい混雑ぶりでした!(@_@)
入口の所からオーキッド・ロードは、まるで桜並木のようです♪
桜に見立てた木に、胡蝶蘭の花が使われています。あとは黄色のオンシジュームが鮮やかです。なんと蘭の花は20万輪も使われているそうです!
桜並木を通り過ぎて、まずは日本大賞と受賞蘭を見に行きました。
このコーナーは特に凄い混雑で前のほうにはなかなか行けずに、やや後ろからズームで写真を撮りました。ここは混雑が激しいので、いつもゆっくりとは鑑賞できません。(/_;)
その後、周囲の個別審査部門の受賞蘭を観賞しました。
展示してある蘭は、素晴らしく見事に花を咲かせているので、目が釘付けです!
個人的にはピンクとかブルー系統の蘭が好きなので、ついつい偏ってその色の蘭を撮影してしまいます。。。^_^;

次にフレグランス審査部門の蘭を見学に・・・
このコーナーではついついお花に鼻を近付けてクンクンしてしまいます。あぁ~よい香りだわ♪
気づけば周りの女性の方々も皆さんクンクンしていました。(^^ゞ

フラワーデザイン審査部門では素敵なアレンジメントの数々を観賞しました♪

審査部門は6つの部門に分かれており
【個別審査部門】【フレグランス審査部門】【ディスプレイ審査部門】【フラワーデザイン審査部門】【美術工芸審査部門】【寄せ植え審査部門】があります。
それぞれに最優秀賞、優秀賞、優良賞、奨励賞があります。
この個別審査部門の最優秀賞が「日本大賞」と呼ばれるようです。
今年の日本大賞は ショールヘブン "ヨウコズ デライト"というリカステで、斉藤正博(茨城県)さんの蘭でした。
真っ白なリカステは、今まで見たことないような気がしてるのですが・・・

今年の目玉は、ペルーで2002年にマイケル・コバック氏に発見されたという「フラグミペディウム属 コバチー」というアツモリソウに似ている蘭です。
100年に一度の発見といわれてるそうです。現在はペルー政府による厳重な保護政策がとられ、取引も厳しく制限されてるそうです。
花の直径が15センチもあるそうですが、ガラス越しに見たので実感ができませんでした。^^;

他には各国大使夫人によるディッシュ・ディスプレイ(テーブル・ディスプレー)
あとは宝塚歌劇団と蘭のコーナーまでありました!
今回も、假屋崎省吾氏の赤いディスプレーもありました。
会場には例年あった生け花のディスプレイがありませんでした。どうしたんでしょうね???

今年こそ写真は程々にして、ゆっくりとお花を鑑賞しようと思っていたのに、またまたついつい撮ることに夢中になってしまいました。ほとんど条件反射のようです。。。(^^ゞ

【世界らん展日本大賞2009】 の受賞蘭

Img_3190_30s Img_3194_25_2 Img_3195_30 Img_3203_30 Img_3205_25

Img_3207_30 Img_3210_25 Img_3219_25 Img_3214_30 Img_3215_30

画像は大きくなるので見てね♪
大きい画像を閉じる時は画像の【×】をクリックです

広いドームをあっちへフラフラこっちへフラフラと5時間も歩きまわったので、足が痺れてしまいました~。(>_<)
もう少し見たいけど、この日の体力も限界になったので会場を後にしました。
考えたら昼食をまともに食べていなかったので、ドームを出たとこのお蕎麦屋さんでお蕎麦を頂いて帰ってきました。
この次は東京ドームに野球を見に来たいと思いました。。。^_^;

写真説明(後日追加分)

一段目 左手側より
1枚目  オーキッドロードの入口
2枚目  オーキッドロードで木に設えられた胡蝶蘭
3枚目  オープンクラスの最優秀賞『白孔雀』 「らんの里堂ヶ島」の作品
4枚目  2009年度 日本大賞の蘭 リカステ ショールヘブン“ヨウコズ デライト”斉藤正博(茨城県)
5枚目  優秀賞 レリア スーパービエンス“カワノ” 大塚初枝さん(茨城県)

二段目
6枚目  優良賞でパフィオペディラム ロスチャイルディアナム“T.K.エンペラー”得津龍生さん(和歌山県)
7枚目  奨励賞で春蘭(シンビジューム)ゴエリンギィ“紅麿”平野綏さん(千葉県)
8枚目  奨励賞でファレノプシス シレリアナ “サシマ”斉藤保さん(茨城県)
9枚目  デンドロキラム コンバラリエフォルメ“ジョアジョア”合田一之さん(神奈川県)
10枚目  メガクリニウム プラティラキス“アイナ オキカ”中島隆文さん(埼玉県)

« SLを見ました | トップページ | 世界らん展日本大賞2009 第二章 »

コメント

 また世界らん展の季節なのですね。
私はどちらかといえば東洋ランに惹かれるのですが、こういう場に出展されたものはどれもこれも素晴らしいですね。
 同じく、私も写真を撮ることに夢中になると、肉眼で見ることがおろそかになりがちです。でも、まず目で見て、良いものをカメラで記録することを心がけるようになって多少ましになったようです。

>秋ぎつねさん
らん展をご覧くださってありがとうございます!
洋蘭は見た目が華やかなので一般受けするのでしょうね。
東洋ランののコーナーもあり、マニア垂涎の株とかもありました。見た目は地味ですが奥が深そうです。
ドーム内中に被写体の花が溢れているので、ついつい撮ることに夢中になってしまいました。^^;
ほんとうに、撮るべき物を厳選して撮れればいいのですが、めたらやったらにシャッターを押してしまいました。。。(~_~;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SLを見ました | トップページ | 世界らん展日本大賞2009 第二章 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ