« 国際バラとガーデニングショウ 第一章 | トップページ | 国際バラとガーデニングショウ 第三章 »

2008/05/24

国際バラとガーデニングショウ 第二章

国際バラとガーデニングショウの続きです。
フランスのローラン・ボーニッシュ氏のお洒落なアレンジのコーナーもありました。
お庭の緑の中でワインを飲みながらバラを楽しむという設定でしょうか・・・
バラを使った素敵なアレンジの数々を間近で楽しめました♪

フランス式とイギリス式のアレンジは、若干形式が違うようですが、こちらはもちろんフレンチタイプのアレンジでしょうね。
バラをこんな風にたくさん使ったアレンジ、バラ好きにはたまりません。

Img_2478_25 Img_2479_25

Img_2484_25 Img_2486_25

Img_2487_25 Img_2489_25

画像は大きくなるので見てね♪

« 国際バラとガーデニングショウ 第一章 | トップページ | 国際バラとガーデニングショウ 第三章 »

コメント

こんなバラに囲まれて午後のお茶...いいでしょうねえ。
バラのアレンジ、お国柄が出て面白いですね。

日本でやろうとすると多分ヤブ蚊に悩まされそうです(我が家では間違いなく)。
なので食卓にバラの切り花で我慢しています。それでもいい香りです。

ボーニッシュ氏のアレンジは、やっぱりキュンとくるくらい素敵♪
色使い、葉もの使い・・・あ~~ため息出ちゃいます。
バラの中にストロベリーっぽいのみえますよね~可愛いわ~
見せて頂いて、幸せな気持ちに~ありがとうございます\(^o^)/

>秋ぎつねさん
こういう夢のようなお庭でお茶をしたらさぞかし気持ちいいことでしょうが・・・
同じくうちでも蚊がスゴイので、同じですわ。。。
夏場に湿度が少ないヨーロッパならではですね~。
バラは湿度と雨が苦手なので、日本で育てると苦心します。
室内で切り花にして楽しむことにしましょう。(^^ゞ

>オアシスさん
オアシスさん、続きも見てくださってありがとう!
ボーニッシュ氏のアレンジは、やはりどこかお洒落でフランスのセンスを感じます♪
バラのアレンジが夢見る乙女のようです
甘~いスィーツを感じさせるアレンジが流石ですね
沢山のバラを使っているのに、派手すぎないのが魅力です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際バラとガーデニングショウ 第一章 | トップページ | 国際バラとガーデニングショウ 第三章 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ