« 世界らん展日本大賞2008 第一章 | トップページ | 鎌倉へ »

2008/03/19

世界らん展日本大賞2008 第二章(アレンジ部門)

世界らん展のアレンジ部門ですが、せっかく写真を撮ってきたのでアップします♪
素晴らしい作品が多くて、参考になるというか目の保養をさせてもらいました♪
蘭もそうでしょうが、会期中のお花の水遣りは大変ではないかと想像しました。特にアレンジは切り花ですし、会場が暖かいのですぐに水が蒸発してしまいそうです。
製作者は、会期中はず~っと待機しているのでしょうか・・・??? それとも水遣り専門の係の方がいるのかしら、などど想像してしまいました。^_^;

【2】のアレンジは結構大きい大作です。
優秀賞(ブーケ部門)で黒岩千草さんという方の作で『つつみこむ』と題されています。
【3】はトロフィー賞(ブーケ部門)で大江広美さんという方の作で『スイング』と題されています。
【4】はトロフィー賞(ブーケ部門)で鎗田しのぶ さんという方の作で『永遠』と題されています。
【5】のアレンジは優良賞(インテリア部門)で松島勇次さんという方の作で『妖精』と題されています。
【6】のアレンジは最優秀賞(インテリア部門)で肥後史子さんという方の作で『ドイツからの良き友人を迎えて』と題されています。
【7】はトロフィー賞(インテリア部門)で吉岡京子さんという方の作で『愛の泉』と題されています。
【8】はトロフィー賞(美術工芸部門)で森本千賀子さんという方の作で『趣(12ヶ月)』と題されています。

Img_2068_30_2 Img_2073_30_2

Img_2077_25 Img_2079_25 Img_2084_25

Img_2086_25 Img_2091_25 Img_2095_25


いつの日かこんなアレンジを製作してみたいと思いましたが・・・その日は永遠に来ないでしょう。。。(^^ゞ
そんな冗談を言っていないで、基本形のアレンジを完全にできるように頑張らなくちゃ~。^_^;

« 世界らん展日本大賞2008 第一章 | トップページ | 鎌倉へ »

コメント

こんばんは。
生け花やフラワーアレンジメントは正直わからないのですが、綺麗な物は綺麗、そう思って鑑賞しています。
ランのアレンジ、皆さん創意工夫をこらされていますね。賞を取るほどの作品ですから当たり前かも知れませんが。
中でも6番は、生け花にも似て、和室に飾ってもおかしくない構成、一番趣味に合いました。
しかし本当に、水の件はどうしているのでしょう。長距離輸送の時は密閉したポリ袋に入れ、水分の蒸発を防ぐそうですが...。

>秋ぎつねさん
レスが大変に遅くなりました。m(__)m
見てくださってありがとうございます!
素晴らしいアレンジばかりで勉強になりました。皆さんの芸術的なセンスに驚かされます!
私も6番が気に入りました♪
和洋両方のデザイン性を兼ねているようで、どんな所に飾っても映えそうです。
切り花の水は人知れず大変な苦労が察せられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界らん展日本大賞2008 第一章 | トップページ | 鎌倉へ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ