« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 親の苦労 »

2006/01/17

阪神大震災から11年

今日はあの阪神大震災から11年目だそうだ。はたから見てもあの地震の衝撃的な被害の映像は記憶に強く、ついこの間のことのようにも思える。
実際に被害にあった方々は、未だに身体的にも内面的にも、その傷はなかなか癒されないとは思うけど、みんな一生懸命に生きているさまを見ると、自分もしっかり生きなきゃという思いになる。
あの地震の記憶があるこの日に、耐震疑惑の証人喚問があって、「証言は控える・・・」という発言、これは一体なんだろう!?
人の命を守るための家を、地震ですぐに倒壊する建物を粗製乱造するのは許せないと、地震国の国民は皆思っている。徹底的に究明をしてもらいたいと思っている人も多いはずだ。

« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 親の苦労 »

コメント

コデマリちゃん まいどです。
阪神大震災を、経験したYamaにとって、あの恐怖は、生涯忘れることのできないものです。

Yamaはもともと用心深い性格で(でもまが抜けてるところが、多々ありますが・・・)大震災の前から、箪笥や、食器棚等が倒れないように、十分注意はしていました。

いままでの地震の歴史をみても、大きな地震は定期的に起こっています。

Yamaが時折、地震の警報をBBSにカキコさせていただいているのは、地震研究をされてる方のHPから、頂戴している情報です。

最近は地震雲などの観測も、多くて雲行きが怪しいです。
地震や津波の被害など、だれも得をすることがありませんので、こないことを祈るばかりですが・・・・。

Yamaは昨日楽天市場で注文していた、非常食が、届きました。
お湯を入れるだけで赤飯や、白米、五目飯などになるアルファー米なんです。
とりあえず、24食注文しました。
今までは、スパゲティーなどを非常食として、おいていましたが、あんみつ姫に言われて、もっと食べやすいものにしました。

用心するに越したことありませんので・・。

Yamaさん、あの阪神大震災の経験者のYamaさんが地震にとりわけ敏感になるのはよくわかります。何百年に一回の大地震を経験してしまうのは貴重な体験ですが、できるならこんな恐い体験はしないに限ります。
でもいつかきっと来る大地震・・・供えは万全にしとかないとね。
うちも家の中と外のテラス両方に防災用品を供えています。
それが1年に1回の点検をついついおろそかになってしまい、最近の地震で再度点検をして食料を交換しました。
うちもアルファー米です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災から11年:

« 千葉県フラワーフェスティバル | トップページ | 親の苦労 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ