« ドレスデン国立美術館展 | トップページ | 高山・白川郷へ »

2005/09/17

愛・地球博

間もなく閉幕してしまうので、ついに愛知万博の「愛・地球博」を見てきた。せっかく出かけるのだからと隣の県の世界文化遺産でもある白川郷にも寄ってきた。

第一印象は名古屋は暑い!
しかし名古屋駅構内には警官がたくさん立って警備しており、安心できました。おまわりさんにJRの乗り口を聞いたら、丁寧に教えてくれました♪

万博は間もなく終わりということもあり入場者数が、うなぎ登りのようで、ものすごい人の波に飲まれそうだった!(・・;) 夏休みも終わり平日なら空いているかと思ったのが甘い考えだったようだ。^^;  万博会場に行くのに1時間半と予想して7時半にホテルを出発し、名古屋(電車のエキスポシャトル)→万博八草(リニモ)→万博の長久手会場に移動するのだが、スゴイ人数のせいで乗換えなど予想以上に時間がかかり、2時間もかかってしまい、おまけに入場するのにセキュリティチェックに20~30分かかり結局入場できたのは10時半。。。(/_;) ホテルの朝食が7:00からだったので7時半の出発となったのだが、朝ごはんを摂らずに6:30頃に出発すればよかった。この時点で多くのパビリオンを見るのは諦め、是非見ておきたい展示をまず見てしまうことにした。

最初にマンモスラボ
冷凍マンモス単独見学の列に並んだ。50~60待ち、ということだったが30分ほどで入場でき、案外と早くに館内に入れた。並んでいる時に周囲のある方が「右に並んでね」と同行者に叫んでいたので、私も右側に並んで正解! 動く歩道で真近に見た冷凍マンモスは-15℃のガラス張り冷凍庫に鎮座しており、巨大な牙に頭部の頭頂部に毛がわずかに残っており、古代の生きたマンモスを彷彿とさせた。
万博が終わった後はこのマンモスは、どうなるのだろうか・・・??? 

次にイタリア館
6年前に海から偶然引き上げられたという、紀元前4世紀頃の「踊るサテュロス」の彫刻を見に行った。今後もう見る機会はないという、ふれこみなので見てきた。躍動美のある彫刻だが、かなり傷みがあり今後もう動かすことはできないだろうと想像できた。イタリア館の館内で偶然に何かのインタビューが始まりイタリア側と日本の撮影隊がその模様を撮影していた。何だったのだろうか・・・よく聞いてくればよかった。イタリアンデザインの洒落た商品が陳列されていて、イタリアがデザインの国だと改めて実感。お土産にサテュロス像が描かれたポーチを¥700で買ってきた♪
PICT0839-40s
イタリア館のイタリアンデザインの商品です。

次にイギリス館
ガーデニング大国でもある、イギリスの庭があるというので興味つつで見に行った。ここも20分ほどで入場できた。列に並んでいる場所は屋根と塀で仕切られていて、その塀に葉っぱの形の切抜きがあり、風が抜ける作りになっていて中の庭が透けて見えて涼しげ。この日はとても暑い日で屋根と塀で日陰になり涼しく待っていることができた! 館内に入る前庭にはシダ類とか木々が植わっていて、緑で安らぎを感じさせる♪ 館内は天井部には昆虫類、葉っぱが動く映像で綺麗に映し出され、周囲の壁は葉などの形の模様が色が赤、青、紫、ピンクへと変化してとても美しい♪ 手をかざしたり、団扇で扇いだり、変わった方法で映像を映し出させる工夫がしてあり面白かった。
PICT0843-40s
イギリス館の前庭に展示してあり、題名が「ホワイトハウス」となっていました。

次にポルトガル館
ここも10分ほどで入場できた。日本の種子島に初めて伝わった鉄砲の展示があり、あとはコルクの商品の紹介と実物のコルクの木の展示があった。コルクの床板に乗れるようになっていて、防音性を強調していた。出口にはポルトガルのワインなどが試飲できるようになっていて、もし荷物がなかったら買ってきたかった。
PICT0874-40s
ポルトガル館のコルクのデザインの商品です。

次にアイルランド館
ここも10分ほどで入場できた。日本字で「愛蘭土」と書いてあり、なるほど~と感心!
初めて国外に出たという巨大な構造物のハイクロス(高十字架)の展示があり民族性を感じさせる、重厚な十字架でした。
ケルト芸術と文化の紹介などあり、古代ケルト文化にはちょっと興味があります♪
PICT0864-40c
アイルランド館のハイクロス(高十字架)です。

ここで時間がなくなってきたので、コーカサス共同館を大急ぎで覗きました。長寿の秘密のグルジアにアゼルバイジャン共和国、アルメニア共和国など中央アジアの国々のパビリオンです。
絨毯の展示などもっとゆっくりと見たかったのですが残念、ここでタイムアップでした。

9月になってもこんなに混むとは想像できずに、丸一日しか日程を組んでいなかったのが、実際に行ってみて悔やまれます。
帰りに歩きつかれて、20分並んで「グローバルトラム」にも乗ったし、お昼は名古屋名物の「味噌カツ」を食べ、甘めの赤味噌がトンカツに滲みていて美味しかったです♪
長久手日本館、大地の塔(巨大万華鏡)は3時間待ちで諦めました。。。(/_;)
当日整理券も早々と終了していて、並ばないと見られなくなってました。
名古屋に帰ってきたら、どっと疲れが出てきて構内のきし麺を美味しく食べてきました♪ 名古屋名物「ひつまぶし」も食べたかったのに、食事の時間帯が合わずに食べ損なったのが、心残りです。^_^;

写真は大きく表示できます。


« ドレスデン国立美術館展 | トップページ | 高山・白川郷へ »

コメント

こんにちは。

朝晩は涼しくなったのですが、日中はまだまだ暑いですね>名古屋

ヨーロッパ中心で回られたようで、うらやましです。ぼくは2回行きましたが、いずれもヨーロッパ館はお客さんいっぱいで断念してます。

マンモスはロシアのなんとかという国(名前忘れちゃった)に返却するんじゃなかったかなぁ?

「ちゃいにーず」さん、さっそくコメントをいただきまして、ありがとうございます。
アジア館、中近東館も見たかったのに、時間がなくて見られなく残念でした。
2回行かれて羨ましいです!
マンモスは返却なのですね。ちょっと残念・・・
マンモスのDNA遺伝子を取り出して、象と掛け合わせてマンモスに近い動物を作り出すなんていう事を聞いたことありますが、どうなったのか。

コデマリさん はじめまして
(Yamaさんちやにこちゃんちでお出会いしてますが・・・)
ようこそ地球博、ようこそ名古屋へ!
名古屋の暑さ、ビックリなさったみたいですね
これでもずいぶん涼しくなったんですよ
初めての味噌カツはいかがでしたか?
駅構内のきしめんは地元でもなかなか評判よろしいですのよ
暑さに懲りず是非「ひつまぶし」を食べに来名してくださいね

地球博、ついに今日は入場制限がかかりました

takachanさん、こんにちわ、ようこそおいでくださいました♪
Yamaさん、にこさんとこでお会いしていますね♪
いつも楽しいお話を読ませていただいてます。(^^)
takachanさんは名古屋の方でしたか!?
関東と比べるとちょっとだけ暑かったかしら・・・^^;
味噌カツは口に合い美味しかったです♪
あのきし麺屋さんは地元でも評判の店でしたのね!
どうりでとても美味しかったです♪
takachanさんは万博にはいらしたのでしょうか?
また、ひつまぶしを食べに名古屋に行きたいと思います。
肝心の名古屋城も見てないし、他にもまだ見たい所がありますので。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博:

« ドレスデン国立美術館展 | トップページ | 高山・白川郷へ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ