« ウイルス | トップページ | 母の日 »

2005/04/27

大惨事

兵庫の尼崎で起きた、あの列車事故からもう3日が経とうとしている。時間が経つに連れて亡くなられた方が増えてゆき100人にも達しようとして、どんなに大惨事だったのかに驚く!普段何気なく乗っている電車がひとたび事故を起こすと、多勢の被害者が出ることを改めて認識させられる。TVなのど情報では、電車の遅れを取り戻そうとしてカーブでスピードを出し過ぎたとの報道もある。もしもそうだとしたならば、公共交通は安全確保が第一番目になければいけないのに、時間の正確さがもしかして第一番目にきてしまったような気がしなくもない。もちろん頭では安全が大事とわかっていても、無意識のうちに、正確さを追求してしまった結果なのだろうか・・・
日本の鉄道は、列車時刻の正確さでは、世界に類を見ないほど正確だそうだ。その正確さに慣れてしまった我々は当たり前のように思っているが、きっとその正確さを維持するために、目に見えないところでの鉄道関係者の地道な仕事があるのだろうと推察する。あとラッシュ時の過密ダイヤ運行などとも関連していて、複合的な要因もあるのだろうけども、公共的な交通は、まずは安全第一で運行してほしいと思う。そしてその安全を要求するのなら、我々も列車時刻の正確さをやみくもに求めるのではなく多少の時刻の遅れは許容するべきなのだろうと思う。
もちろん企業としての安全管理の確保は言うべきもないが。普通に暮らしていてある日突然に未来を奪われた方々の無念さと遺族の方々の大きな悲しみを思う時、とても心が痛む。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げます。

« ウイルス | トップページ | 母の日 »

コメント

コデマリちゃん 実はYamaも6,7年前まであの福知山線利用していました、14年間くらいかな。
だから事故後いてもたってもおられず、事故現場に行ってきました。ひょとして自分があの事故に巻き込まれていたかもしれないと 想像すると恐ろしくなってきます。

事故に遭遇したかたがたには本当にお悔やみ、お見舞い申し上げますが、JRには腹が立って仕方がありません。

10数年前の信楽の列車事故の時も Yamaとあんみつ姫は何日か違いで行く予定でした。
どうもあの信楽の事故も今回の事故を見れば
なんにも警鐘とはなってなかったことになります。
おそらくJRの体質を考えると 今回もマスコミなどでうるさくいったる間は頭を下げておいて、静かになればちょっとだけATSを新型にかえてその後は 元に戻るだけやと思います。

結局 電車に乗るときは先頭車両付近には乗らないことしか自分を守ることはできないんじゃないかな!

Yamaさんも、以前あの福知山線を利用していたと聞いてビックリです! しかも数年前の信楽の事故も日にちがずれていたら・・・背筋が冷たくなりますね!
運が悪かったら・・・と考えると怖ろしいことです。他人事ではないですよね。
朝の通勤時間帯だったので一層被害者の数も多く、一家の大黒柱の方や若い方が多勢亡くなられてしまいました。
日常の通勤に利用する電車が安全でなかったら、我々はどうすればよいのでしょう。
今になってポロポロと出てくる、様々の不祥事に人々が怒ってるのは、JR西日本の社員全体に「自分は関係ない」ともとれる行動に怒ってるのであって、1人1人が、真剣に安全対策を考えていれば、今度の事故は起きなかったかもしれないと人々が感じてるからだと思います。
私も電車乗る時に、あの映像を思い出して、思わず真中へんに乗ってしまいます。
こんなことで亡くなられた方は、ほんとに悔しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大惨事:

« ウイルス | トップページ | 母の日 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ