2024/06/20

千葉市美術館 『板倉鼎 須美子』展

たまたま用事でこの近くまで行ったので観てきました。

4月6日〜6月16日まで

板倉鼎(1901〜29)は埼玉県北葛飾郡旭村の生まれで県立千葉中学校に在学したようで、その縁でこの美術館での開催かと想像しました。

ハワイ経由でパリに留学して研鑽したようです。わずか28才でマラリアで亡くなったと見たような。現在なら医療で亡くならずに済んだと思うのに!

奥さまの須美子さんも、すぐ後に結核かで亡くなられたようで誠に残念ですね!

お二人とも現在であれば良い薬もあり治療して治り、画家としての人生を歩まれてどのような絵画を描いたのかと興味が湧きます。

板倉夫妻は当時の帝国ホテルで結婚式をあげられたようで、裕福なご家庭だったのでしょうね。

お二人の絵を観て、なぜか雰囲気が似てるような感じも受けました。絵は全然違うのですが…。

一番印象に残ったのはやはりカタログにある鼎氏が奥さまの須美子さんをモデルに描いた赤い服を着て横たわる絵でした。

 

同時開催の石井光楓(1892〜1975年)も観てきました。

千葉県いすみ市の出身で板倉氏と同じ頃にパリに留学していたそうです。

この時代は日本人の画家たちがパリで活動していたようですね。現代と違い当時は船旅で行き来が大変であり、飛行機でヒューンと行き何かあれば即ビューンと帰れる時代でなかろうに意欲がすごいなと思いました。

20240614-153628 20240612-160130

20240612-160900 20240612-161129

20240612-163801 20240612-164534 20240612-164551

 

» 続きを読む

2024/01/09

44回千葉県フラワーフェスティバル

元旦に起きた能登半島地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
一月一日の地震で亡くなられた方や負傷された方が多数と聞くとなんでまた正月に地震なんだろうとやりきれません。今も救出が継続してるようです。救助、復旧にあたられている自衛隊、消防、警察、の方々は頼もしい存在で頭が下がります。

1日も早く通常の生活が出来るようになりますようにと遠くから祈ることしかできません。

 

今年も行ってきました、地元デパートでやるお花の祭典。

2日目に行ってみたら、もう花の陳列は閉めきっていて受賞花のコーナーしか見られませんでした。

例年は3〜4日開催してるのに、今年は2日で終わりガッカリでした。

年々縮小してるような気がします。

二日目は整理券が発行されて、出品された花々をサービス値段で買えるそうです。整理券は無いけど、夕方の4時から残った花を格安で販売されると聞き、行ってみたらもう行列が出来ていました!

それでも1束の花とシクラメンの中鉢をゲットできました♪(^-^)v

地震で大被害の事を思うと、こうして花を見て楽しめるのをなんと幸せなことなんだろうとあらためて実感します。

余震がまだ続いてるようで、被害が拡大しないことを祈っています。

20240108-143456 20240108-143518 20240108-143608

20240108-144022 20240108-143940 20240108-143949

20240108-161134 20240108-143819

» 続きを読む

2023/11/23

テオ・ヤンセン 展

千葉県立美術館で『テオ・ヤンセン 展』を観てきました。2024年1月21日まで開催。

なんでも千葉県誕生150周年記念でオランダとの文化交流の一環だそうです。

動くアート作品と聞いて、見るまでは想像できませんでした。

実際の作品を見て、しかも動くところを見てビックリ‼︎

しかも自分で触って動かせる作品もあり驚きと楽しさと♪

美術品は大体が神経を研ぎ澄まして見る感じなのですが、この度はワクワクとなんか楽しかったです♪

この作品たちは、オランダの砂浜を動いてたものだそうで、動いてるところを見るとまるで生き物のような感じです。

 

テオ・ヤンセンはオランダのリゾート地 スフェベニンゲンに生まれデルフト工科大学で物理学を専攻し、のちに風景画化になり、その後に動く立体作品を制作するようになったそうです。

彼の母国オランダは国土の半分が海抜が1メートル未満だそうで、海面上昇問題への解決を目指して風力で動くこれらの作品ストランド(砂)ビースト(生物)を制作するようになったそうです。現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称されてるそうです。(県立美術館パンフレットより要約)

たしかに風が動力源なら環境にも負荷をかけないですし。

 

オランダというと、江戸時代には大海原を航海する海洋国家の帆船のイメージもあるので、

作品の帆がそれに重なる感じがします。

作品はチューブとかペットボトルなどのごく軽い素材でできているそうで、それでも風で倒れないように、作品自らハンマーを砂に打ち込むこともできるそう!

ヤンセン氏は設計図は頭の中にあるそうで、設計図は書かないそうです!(°_°)

 

ストランドビーストの一つをカッコいいお兄さんが実際に動かして見せてくれました。

それは空気を送り、圧縮空気で動くようでした。

動画に慣れていないので、動くところはうまくアップできません。( ;  ;

20231122-135817 20231122-141231 20231122-141433

20231122-14250520231122-143216 20231122-142518
20231122-142553 20231122-144952 20231122-145837

 

 

» 続きを読む

2023/07/14

ANIMALS 三沢厚彦 展

千葉市美術館で三沢厚彦氏のANIMALS  展を見てきました。

この日はとても暑くて、空いてるかと思って行ったのですが結構混んでました!(°_°)

でも、ちょうど学芸員らしき方の解説付きの見学があったので便乗しました。

 

クスノキを削り彫像に彫ったもののようで、動物の彫像に楠の木の香りがしました。ライオン、象、カモシカ、ヘラジカ、熊等、様々な動物があり最後のほうでは空想上の生き物キメラという像があり、それは圧巻でした!

大阪の『あべのハルカス』にも展示されたそうで、その時期はちょうどコロナ最盛期だったので背中に『アマビエ』を背負っています。

この度の千葉市での展示にあたりもう少し大きいキメラを彫ったそうで、大きさと迫力に圧倒されます!

キメラ一番ですが、大きな(6メートル)ワニの彫像もあり近寄るのが怖いような気がします。(@_@)

熊の像は大きいですがなんか愛らしく感じてしまいました。

詳しくご自分の好みも交えながら解説してくださったので、やっぱり一人で見学するのと違いより深く作品を観られました。

9月10日まで開催してるので、また観に来ようと思いました。

20230714a 20230714b

 

» 続きを読む

2023/06/28

本土寺(松戸)の紫陽花

常磐線の北小金にある 『本土寺』という寺に紫陽花を見に行ってきた。

うちから約一時間ほど。 普段の参拝料は500円らしいが、アジサイの 時期は無料だそうだ♪

 

アジサイはやや終り頃で、 枯れかかってるのも あり、もう少し早いほうがよかったようだ。 6月の初旬頃だと、 紫陽花咲き始めと菖蒲も見 られたかも。

20年以上前に来たことあるけど、あまり覚え ていない。 菖蒲の季節か紅葉の季節だと思う …...

探せは結構県内に花の名所はあるものだ。

 

しか~し、今日は蒸し暑くて暑くて汗だく!  まいったわ!

20230627-122603 20230627-123149 20230627-132202

鬱蒼とした参道は、涼しくて♪

20230627-133222 20230627-133643 20230627-123853

20230627-134252 20230627-133850

平日でも、ぱらぱらとアジサイを観に来る方々がいた。

 

 

 

» 続きを読む

2023/06/23

大賀ハス

千葉公園で『大賀ハス』を見てきました。

ハスは早朝に開花して昼には終わるそうなので、早起きして見に行ってきました。

が、着いた時にはもう人出が多くて既に混雑していました!(°_°)

立派なカメラを構えた方も多くて、順番待ちをしてハスを撮ってきました。(^_^;)

この池が一年で一番混雑する時期です。

3脚使用不可、一方通行なので一箇所に長くは止まれません。

なんとか十数枚を撮り、少し離れた場所からハスの花を鑑賞してきました。

ハスの花に乗ろうしてるお釈迦さまも、この混雑にビックリでしょうね!(^○^)

 

こちらのハスはボランティアの方々がお世話してるそうで、大賀ハスは手間がかかり大変そうで、頭がさがります。

お世話のおかげで毎年綺麗に咲いたハスを眺められます♪

20230620-093003 20230620-09343120230620-093917

20230620-093303 20230623-183916 20230620-094124

 

» 続きを読む

2023/05/17

『前衛』写真の精神 : なんでもないものの変容

千葉市美術館で写真展を見てきました。

5/25/21(日)まで。前期と後期があったようで前期は見逃して残念!

瀧口修造 阿部展也 大辻清司 牛腸茂雄 の4氏の写真展です。

19301980年代の昭和の写真、前衛写真だそうです。

自分は写真芸術のことは全くわからないですが、写真で何かを主張してるのだけはわかりました。

モノクロ写真なので、何をどのように写したのかも分かりにくくて凝視してしまう写真もありました。昔の写真雑誌なども展示されていて、受賞写真が載っているのでしょうね。

昔のカメラは超高価であったろうと想像します。きっと限られた人しか写真を撮ることができなさそうです。今のようにスマホがあり何時でも誰でも何処でも撮れる時代にあって、あらためて写真の重要性を考えるいい機会になりそうです。

 

最後のコーナーでは写真作品を撮っていい展示コーナーもあり、スマホで何枚か撮らしてもらいました。

最近は写真を撮ってもいいコーナーがあり嬉しいことです♪

しかしながらここで撮った写真は、この展示会をしてる期間しかアップ可能でないそうで、21日に写真は削除します。(^_^;

20230517-201340

 

» 続きを読む

2023/05/12

木更津アウトレットに

ゴールデンウィークが過ぎたので、前から約束していた木更津のアウトレットに行ってきました。

 

木更津はこの日の早朝4時頃に震度5の地震があり、スマホが大音量で鳴りビックリ飛び起きました!

被害に遭われた方々にはお見舞いを申し上げます。うちのほうは震度3だったようで、それでも結構な揺れでしたから、震度5はかなりの揺れだと想像します。

なんでまた11日なんでしょうね!!(_;)

イヤだわ〜!

 

幸い電車は遅れても普通に動いていたし、一緒する人は約束時間に着くというので行くことにしました。

千葉から内房線で30分『袖ヶ浦』から路線バスで10分と意外と近かったです。平日なので空いていたし、地震の影響もなくて店もすべて開店してました。

ゴールデンウィークはかなりの混雑だったろうなと思いました。

中はとても広くてどういうふうに廻るか迷います。

しかも施設内のパンフレットがなくて、所々にある案内板を見ながら各店舗を見てたら、あっという間に1時間を過ぎていて、既に気に入った商品を23点をゲット済み♪

コロナ後の久しぶりのゆったりショッピングでウキウキしまくり。(-; )

 

気づけば昼1時過ぎてお腹も減ったので、食事処探し。

『函館函太郎』という回転寿司屋さんに入りました。

お腹空き過ぎて夢中で食べてしまい、写真はありません。(笑)

マグロ、イカ、アジ、ハマチ等々

ネタがかなり大きめで新鮮で美味しかったです♪

お値段は廉価の回転に比べてお高めでしたが、満足でした。

店名からすると函館にもあるのかと検索したら、五稜郭の近くにあるようですね。

食後の運動兼ねてまた、フラフラとウィンドーショッピングへ。

ブランド品コーナーは目の保養でスルーして日常着を物色。(笑)

 

空模様が怪しくなり急な雨になりました!(>_<)

ティータイムにして雷も鳴り出したので帰途に着きました。

バスは高速バスで新宿行きや渋谷行き、羽田行きまであるんですね!

海外観光客らしき人々も多いようでした。

きっと海ほたる経由のバスなのかと思ったり。

20230511-111838

» 続きを読む

2023/04/02

お花見

お花見に行ってきました。

千葉公園で枝垂れ桜を。

平日で肌寒い日だったので人が少なくて、桜独り占めで愛でられました♪

やや濃いピンクの枝垂れ桜がなんと綺麗な!

冷えてるので池でボートに乗る人はほとんどいないようだ。

近くのカフェで温かいコーヒーと思い覗くと意外や混んでる!

寒いので皆さん店内に避難か。(^_^;)

 

後日にもう一箇所、千葉城さくら祭りにも行きました。

こちらはコロナ禍で4年ぶりの開催のようだ。

屋台もたくさん出店していて、人出も多くてとても賑わっていました。

千葉城(郷土館)を背景に桜が咲き誇り、桜祭りの提灯も飾られて、これぞ桜祭り、という感じでした。

焼きそば、イカ焼き、ビールまで!

ビール片手に焼きそば食べる人。皆さん久しぶりの桜祭りを楽しんでるようでした。

久方ぶりの桜と人出の賑わいに、なんか自分も心ウキウキと楽しくなりました♪

やっぱりお祭り人出は良いもんだわ!(^-^)v

20230328-150112 20230328-144944

20230328-143745 20230401-131134

» 続きを読む

2023/01/10

2023‘千葉県 フラワーフェステバル

この連休にお花の祭典を観てきました。

 

地元のSOGOデパートで(79日)開催でした。

このフロアーだけまるで春のように華やいでました。

千葉県は花の生産が盛んだそうで、以前に房総半島南端の『白間津』のお花畑に行ったことあります。

ストック カーネーション シクラメンやら見事な蘭の展示がありました。お花の香りが漂い春先取りで幸せな気分になります。

受賞花の展示では見事に作り込まれた立派なお花が展示されてました。どれも手をかけた自慢のお花でしょうね!

コロナ禍になり、ブースは幾分縮小されたような気が。

切花を欲しかったのですが、この度は無く残念。

 

3月にはまたお花畑に行きたくなりました。

20230107-141407 20230107-141529 20230107-141613

20230107-141947 20230107-142421 20230107-142452

20230107-143054 20230107-143908 20230107-143853

20230107-142817 20230107-144013

 

 


 

» 続きを読む

«江口寿史 イラストレーション 展『彼女』

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お知らせ(管理人より)

  • 2019' 3/24
    コメントが直ぐには反映されないようです。少し間をおいて更新してみてください。反映されてると思います。
  • 06/6/1
    管理人の判断で、好ましくないTB・コメントおよびリンクに好ましくないものがある場合は削除させていただきます。 尚、記事に無関係のTBも削除させていただきます。
無料ブログはココログ