2021’ お花見

緊急事態が明けてから初めてモノレールに乗り一人でお花見に行きました。
千葉駅からモノレール一つ目の『千葉公園』です。

事前に開花状況を検索してみましたが、コロナのせいで今年は開花状況をどこも発表してませんでした。
先日の平日でしたが、もう結構な人出!(@_@)

お出かけは緊急事態になりずっと控えていたので、久しぶりのお出かけでした♪
桜も5~6分咲きでとっても綺麗!
この公園は池の周囲にしだれ桜が植わっており、本数こそ多くはないけれども、とても見事でした!

こちらは5月にはボタン、シャクヤク、6月はアヤメ、ショウブ、そして古代ハスが咲きますので時々見に来ます。
久しぶりの近場のお出かけでしたが、気分が晴れ少しストレス発散になりました。

P1011729_15 P1011722_15

P1011725_15 P1011734_15

 

 

» 続きを読む

| | コメント (5)

ロッカク アヤコ展

お天気も良くて、この日はかなり暖かいので美術展を観てきました。
美術展はお喋り無しで静かに鑑賞するだけで、ワイワイガヤガヤはないですし。(^^)b

ロッカク アヤコさんの美術展を千葉県立美術館で開催していました。
お名前は存じ上げていましたし、作品も写真などで見て知っていましたが、実物を見るのは初めてでした。
そして千葉出身であるのは知りませんでした!
それで千葉県立美術館での開催がなるほどでした。
写真などで見ると漫画様の可愛い絵というイメージでしたが、実際に観るとエネルギッシュで存在感がありました!
目を見開いた小さい女の子が絵画中に居るのですが、まるで「私は何でも見ているのよ」というような感じを受けました。ピンク色を主体に可愛くポップな絵柄が圧倒的な存在感です!
こういうの観てると気持ちがポジティブになります♪

しかもこの展覧会は展示室で写真を撮るのがOKでした!
普通展覧会は写真がNGなのでビックリでした!
知っていれば、カメラを持ってきたのですが古いスマホで写したので・・・。(^^;)
鑑賞して写真を撮れて、2度楽しめました。嬉しい~♪
しかしあまり近寄って写真を撮るのは遠慮したいですね。そこは常識の範囲内でと云うことでしょう。
壁一面の大きな作品の前では、どこかのオジサマが写真を撮り続けて、早く終わらないかなぁ~と退けモード念を送っていましたが。(笑)

チケット買い入館するには、消毒、検温して住所氏名を書きます。
もしもの時のために必要な事で、かえって安心できます。

春からものすごく久しぶりの美術鑑賞でした♪
ロッカクさんのグッズも欲しかったのですが、只今ネットにて準備中だそうです。

R3008_35 R3019_35 R3024_35

R3034_35 R3036_35 R3037_35

R3042_35 R3046_35

 

R3039_30 R3022_30R3028_35

R3047_35R3048_35R3051_35

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

谷津バラ園

コロナ禍で何処にもお出かけしてない日が続いてます。
バラの写真を見て急にバラ園に行きたくなり行ってきました♪
谷津バラ園です。八千代の京成バラ園のほうも行きたかったのですが、そちらは電車とバスに長く乗らねばならずこの時期、近い方の谷津バラ園に行きました。入場料は500円だし。65歳以上は250円だそうです!(^_^)b

時期的にバラの終盤だったようで四季咲きでないバラは咲いてませんでしたが、それでも園内バラが見事に彩っていました。
やはりバラ園はお手入れがいいせいか、どのバラも立派な花が咲き誇っていました!

白バラ、黄色バラ、ピンクのバラ、赤いバラと分かれているコーナーもあり華やかです。
大輪のバラにも目を奪われます。
ティファニーのバラやら、フランス女優さんの名を冠したカトリーヌ・ドヌーブのバラが一段と華やかに映えていました。
世界の皇室のバラコーナーはバラが終わりに近づいてそうで残念でした。
香りの高いバラコーナー近づくと香りが漂っています♪
鈴木省三氏のバラコーナーもあり色とりどりに咲いてます。

バラを鑑賞しながら園内を散策してとても幸せな気分になります。
一時コロナのことを忘れさせてくれて、最近は味わった事ない良い気分に満たされました♪

Img2962_30 Img2978_30 Img2974_25

3枚目が『乙姫』

Img2957_25 Img2958_25 Img2964_25

1枚目が『ティファニー』3枚目が『カトリーヌ・ドヌーブ』

Img2966_25 Img2967_25 Img2968_25

1枚目が『ブルーフォーユー』3枚目がなんと大型レモンで夏みかんくらいの大きさです!

Img2969_25 Img2971_25

1枚目が『わかな』という名でグリーンのバラです。

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

機関車

コロナのせいで、とても長くお休みしてしまいました。
3月より誰とも会食せず、音楽会も行けず、美術鑑賞も出来ない日々が続いています。(T_T)
長い自粛生活にも少し疲れてしまいました。
緊急事態宣言が解除になり、1回だけお出かけしましたが、また気をつけてお盆も田舎へは行きませんでした。
この生活が今後どのくらい続くのか見当もつかず、気持ちも沈みます。
せめて運動にウォーキングをしてますが、友達と会ってランチも出来ずに悲しいです。

先月に出かけた、写真をとりあへずアップします。
下今市での機関車の様子です。
ちょうど整備をしていたところでした。
コロナが収まってきたら(いつ収まるのか?)乗ってみたいです♪

P1001354_12 P1001350_12

2枚目は転車台です

 

| | コメント (4)

東京 春 音楽祭2020

コンサート自粛で、聴けないのでライブ配信で聴いた。
せっかくこのコンサートを聴けるような状況になったと思ったら、コロナのせいでコンサート自粛でホールで聴けない。(T_T)
ライブ配信をしてると知って聴いた♪
やはり現場で聴くのと比べると仕方ないが、雰囲気を楽しんだ♪
出演者もどんなにガッカリしてるかと思うと、想像に難くない。
まったくコロナのやつめ~!!!(-_-;)
【東京 春 音楽祭】というコンサート
林美智子(メゾソプラノ)
与儀巧(テノール)
ピアノ河原忠之
旧東京音楽学校奏楽堂にて
Tokyo_70

» 続きを読む

| | コメント (4)

即位の礼の高御座

上野の東京国立博物館で『高御座』を見てきました。

天皇陛下と皇后が即位の礼の儀式に使われたあの高御座です。
博物館に着いてチケットを買おうと思ったら「高御座を見るだけなら無料です」と言うのを聞いて、まずこれを見てから他のを観ようと思い入場しましたが、ものすっごい行列で見るのに90分待ちだそうです!
でもせっかく来たし19日までなので並んで待ちました。
そして待っている間に、なんと小さな虹が私たちの上に現れました!
たしか即位の礼の日も虹が現れたのを思い出しました。この即位の礼の日は朝から大雨でしたが、始まる直前に雨が止み晴れてきたのを覚えています。そして虹が現れたのが印象的でした!
この日も虹が出て、周囲の方々もその話をしてました。なんとラッキーな日でした♪(^^)v
キッチリ90分後には中に入れました。
展示室に入る前には、飛行場での検査のような箇所で検査通過です。
写真撮影許可でした!
事前確認しとけば良かったのですが、写真はダメだと思い込んでいたのでカメラを持って来なくて、しかもいつもはコンデジを持ち歩いてる事も多いのに、この日に限ってカメラ無しで、スマホ撮影になりました。(/_;)
展示室はやや暗くて、フラッシュは禁止だったので、露出プラスで撮るしかなくて、しかもスマホなので良い写真が撮れずに・・・。(/_;)
人数を限って入れ替え制だったので、前で見られてしかも写真撮れました♪
でもごった返していたので、ドッドッ~と展示室から出てしまいアッという間の鑑賞でした!(^^;)
19日以後は京都の平安神宮か京都国立博物館に展示なのでしょうか・・・。
東京で見られて良かったわ~♪
Kimg2509_25 Kimg2515_25 Kimg2575_25
Kimg2521_30 Kimg2536_30
Kimg2541_25 Kimg2553_25 Kimg2559_25

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

ニューイヤーコンサート2020

 

1月11日に千葉交響楽団によるニューイヤーコンサート2020を聴いてきました。
毎年TVではウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見てるのですが、やはり生楽器によるコンサートは格別です♪
指揮者  山下一史
演奏   千葉交響楽団
ソプラノ 市原愛
【プログラム】
第1部
スッペ          喜歌劇「軽騎兵」序曲
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・フランセーズ「花祭り」作品111
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・シュネル「百発百中」作品326
ヨハン・シュトラウスⅡ  ワルツ「春の声」作品410
ヨハン・シュトラウスⅡ  ポルカ・フランセーズ「陽気なポルカ」作品301
ローザス         ワルツ「波涛を超えて」
第2部
フチーク         剣士の入場 作品68
ヨーゼフ・シュトラウス  カドリーユ「体操選手」作品92
ヨーゼフ・シュトラウス  ポルカ・シュネル「障害物競走」作品43
グノー          歌劇「ファウスト」より 宝石の歌
レハール         喜歌劇「メリー・ウィドゥ」より ヴィリアの歌
ヨハン・シュトラウスⅡ  喜歌劇「ジプシー男爵」より 入場行進曲
ヨハン・シュトラウスⅡ  ワルツ「美しく青きドナウ」作品314
指揮者の山下氏は1曲ごとに丁寧に色々説明してくださいました。
まず冒頭、昨年の千葉での台風被害に「心よりお見舞い申し上げます」とおっしゃいました。
あの台風で、定期演奏会も今年2月7日に順延されたのです。
前半は軽快な曲で後半は運動系の曲でした!
今年は東京オリンピックの年なので、運動系の音楽だったのかと思いました。
ソプラノの市原愛さんの歌は素晴らしかったです!
メリー・ウィドゥ“ヴィリアの歌”では彼女が歌い紡ぎ出す物語にすっかり引き込まれてしまいました。
前半は赤いビビッドなドレスで、後半は純白の豪華なドレスで登場されました♪
最後はかの有名な“美しく青きドナウ”で優雅に終わり。
アンコールになんと『千葉ロッテのテーマソング』が演奏されなんとビックリ!
マリーンズの皆さん、演奏されましたよ~!(^_^)/
今年は超大型新人の佐々木朗希投手が入団して、期待値マックスです!
と、ちょっと脱線してしまいました。。。(^^;)
最後はお馴染みの「ラデッキー行進曲」で観客一同手拍子でした♪
オーケストラ楽団員が一体となり暖かい雰囲気が感じられる演奏会でした。
Kimg2492_25 Kimg2469_25

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

千葉県フラワーフェスティバル

1月10日~13日に地元デパートで開催された【第40回千葉県フラワーフェスティバル】を見ました。

千葉のお花生産者の方々は昨年秋の台風でビニルハウスなどが壊されて被害甚大だったようです。
ハウスが壊れたのを修復し大変な苦労をしてお花を作られた生産者の方も多かったようです。
本当に大変な被害でした!
でもこうしてお花を見られて良かったです♪
会場は例年どうり華やかで、春の季節の先取りでした。
このお花の祭典をみるととても幸せな気分にさせてもらえます♪
例により受賞花が展示してあり、見事な花々にため息です。
香りが良いストックやら色とりどりのカーネーションなどなどが所狭しと咲き誇っています。
作り込まれたシクラメンに目を奪われます。
お花のアレンジメントの人気帳票もあり、一票投じてきました。(^_^)b
お花生産者の方々の復興のご苦労がしのばれる展示会でした。
どうぞこれからも素晴らしいお花を作られて、私たちを楽しませてくださいますようにと願わずにいられません。
Kimg2438_30s Kimg2440_25 Kimg2441_25
Kimg2448_30 Kimg2449_30 Kimg2451_25
Kimg2458_30 Kimg2463_30 Kimg2465_30

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

東京ミチテラス2019

先日、東京駅丸の内側のイルミネーションを見てきました。

【東京ミチテラス2019】と題されて12月21日~25日まで開催されてました。
クリスマス時にはやはりキラキラのイルミネーションを見ないと気がすみません。
イルミネーションはとても綺麗に輝いていました♪
暮れの毎年恒例のイベントとなっているようですが、今年はやや地味目な感じが・・・。
以前には駅舎にプロジェクションマッピングなどを写し見事な年もありました。
無理もありません、JR東日本では北陸新幹線の多くの車両が台風被害で使えなくなり、膨大な被害額でしょう!
懐具合も厳しいと察します、と勝手に想像します。(^^;)
風は冷たいけど、それほど寒さ厳しくはなくて心ゆくまで楽しませてもらいました。無料で!(^▽^)
でもでもとても綺麗でした♪☆☆
P1001112_13 P1001119_13 P1001132_13
P1001126_10 P1001123_13p P1001145_13

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

倉敷

上り新幹線の岡山で乗り換えて倉敷に行きました。
倉敷の駅からは割合と近くて歩いて行ける距離です。
川沿いに古い町並みが続いてます。
両岸にレトロな建物が続き、土産物屋やら食べ物屋さんがあり賑やかです。
こちらもゾロゾロと海外の観光客が多かったです。
あの大原美術館もありますが、この度は時間も無くて鑑賞できずに残念でした!
町並みの奥の方の左手側に行くと古い建物が続きますが、こちらは実際に街の人が生活してるようです。
旅館やら畳屋さんとかがありました。
ここの人は観光客がいっぱい来て、日常生活に差し障りはないのでしょうか・・・。
帰る時間が迫ってるので、レトロな喫茶店でコーヒーをいただき、急ぎ駅に戻ってきました。
この度は観光が目的でないので、急ぎ足の旅行(?)でした。(笑)

P1001012_15 P1001020_15 P1001036_15s

P1001042_15 P1001045_15s P1001050_12s

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

«厳島神社